1973年愛知県生まれ。
公共空間のデザインに携わるとともに、完成した公共空間を使いこなすためのプログラムデザインやプロジェクトマネジメントに携わる。現在進行中のプロジェクトは、泉佐野丘陵緑地パークマネジメント(大阪府泉佐野市)、木津川右岸運動公園パークマネジメント(京都府城陽市)、震災+デザインプロジェクト2009(神戸・福岡・東京)、生活造形プロジェクト(京都・大阪・東京)、海士町総合振興計画(島根県海士町)、いえしま地域まちづくり(兵庫県姫路市)、みのお森町まちづくり(大阪府箕面市)、水都大阪2009サポーターマネジメント(大阪府大阪市)、笠岡諸島しまづくり(岡山県笠岡市)、穂積製材所プロジェクト(三重県伊賀市)など。

京都造形芸術大学、京都市立芸術大学、近畿大学、大阪工業大学、武庫川女子大学、大阪工業技術専門学校にて非常勤講師。(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構にて低炭素型社会について研究中。東京大学大学院にてオープンスペースのマネジメントについて研究中。雑誌『OSOTO』副編集長。NPO法人パブリックスタイル研究所副理事長。共著書に、『震災のためのデザインは何が可能か(NTT出版)』『マゾヒスティックランドスケープ(学芸出版社)』『都市環境デザインの仕事(学芸出版社)』などがある。

以 上